読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS 6.3のKickstartファイルに指定するインストールパッケージの名前を調べる

CentOS 6.3をインストールするためにKickstartファイルを作成していたのですが、@development-toolsグループがインストールできない現象に遭遇しました。調べてみるとパッケージグループの名前が変わっているらしく、CentOS 5の@development-toolsは、CentOS 6で@developmentという名前になっているようです。そこでパッケージグループの名前を調べる方法をまとめてみました。

確認した環境はCentOS 6.3 x86_64です。

パッケージやパッケージグループの名前はcomps.xmlと呼ばれるXMLファイルで定義してあります。このXMLファイルはCentOSレポジトリのrepodataディレクトリに含まれています。例えば以下のような場所に置いてあります。

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.3/os/x86_64/repodata/

ファイル名は*-comps.xmlという形式になっているようです。例えば、今は以下のようなファイル名で置いてありました。IDか何かでしょうかね。

0dae8d32824acd9dbdf7ed72f628152dd00b85e4bd802e6b46e4d7b78c1042a3-c6-x86_64-comps.xml

中身はただのXMLファイルです。

<group>
  <id>development</id>
  <name>Development tools</name>
  ...

Kickstartファイルの%packagesセクションには、このidnameの値を設定することになります。

%packages
@development
@japanese-support

ちなみにCentOS6のKickstartファイルでは、@Baseグループと@Coreグループはデフォルトでインストールされるため、明示的に指定する必要はありません。